日々ぼやきTop >  アジアン家具 >  アジアン家具とは、アジア独特の雰囲気を持

スポンサードリンク

アジアン家具とは、アジア独特の雰囲気を持

アジアン家具とは、アジア独特の雰囲気を持った家具のことで、インドネシア、中国、タイ、ベトナムなどで作られています。素材としては、天然木が使われていますが、無垢のチーク材やバンブーが主流になっています。アジアン家具の代表としてウォーターヒヤシンスが挙げられます。 そして、アジアン家具を置くことにより、バリ風のリゾートホテルのような空間を作り出すことができることから、最近は特に人気を呼んでいます。仕事で疲れた身体や心を、癒してくれるからです。それは、天然素材で作り上げた、家具やインテリア小物だからこそできるのです。 さて、アジアン家具の選び方ですが、素材選びが大切な要素になってきます。アジアン家具の素材は、なんと言ってもインドネシアのチーク材が失敗がなく、バリのリゾート感を出すにはもってこいの素材です。天然木フレームのミラーを置くと他の邪魔にならなく、一点輝く存在になります。 日々の生活で疲れた身体と心を癒してくれる、アジアン家具。そんな癒しの空間を作ることにより、より快適で、よりゆとりのある暮らしを体感できます。アジアン家具をちりばめて、美しさを兼ね備えた部屋作りで、スタイリッシュで機能的な生活、精神的にゆとりのある生活を送りましょう。 アジアン家具とは、インドネシアが一番有名ですが、タイやベトナム、フィリピンや中国などで作られた、アジア独特の風合いを持った家具や、インテリア小物のことです。材質は、無垢のチーク材がメインで、バンブーを使ってアジアの雰囲気を醸し出しています。 そして、アジアン家具を使うことにより、ゴージャスな雰囲気を出せて、仕事などで疲れた心を癒してくれるリラクゼーション効果が人気の理由です。天然素材を使って、熟練した職人が一つ一つを手作りで仕上げていますから、仕上がりは、他では味わえないほどの高級感が漂っています。 さて、アジアン家具は、冬場の乾燥を嫌いますから、乾燥対策をする必要があります。特に、無垢のチーク材で塗装膜の無い仕上げの家具は、湿度の影響を受けやすく、 ヒビが入ったり変形してしまう恐れもあります。暖房の熱や風が直接家具に当たらないようにして、水を入れたコップを置いておくといいでしょう。 アジアン家具に囲まれた、暖かみのある心地よさと、ゴージャス感のある生活は本当にいいものです。アジアン家具やアジアン雑貨は、同じアジア圏にある日本の家具などとも調和がとりやすく、予算の許す範囲で最大限の効果が出るように工夫することも楽しいものです。 RSS関連リンク アジアン家具アジアン雑貨アジアンウォーカーアジアン家具アジアン雑貨★アジアンウォーカー】 日本最大級のアジアン家具販売店 ... 家具・雑貨・クロス. すべてのキーワードはアジアン. アジアン家具アジアン雑貨★アジアンウォーカー. モダンアジアン家具a.flat(エーフラット) o○°モダンアジアン家具 a.flat【Pacific Furniture】o○° ┃ ┃ a.flatは日本最大のモダンアジア家具専門店を目指して2001年に ┃ スタートしました。おかげ様で3周年を迎えることになりました。 ┃ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=15SYLA+GF7GHE+FTG+ ...

スポンサードリンク

関連エントリー

日々ぼやきTop >  アジアン家具 >  アジアン家具とは、アジア独特の雰囲気を持


リンク集

スポンサードリンク